米失業保険申請660万件超 2週連続で最悪水準(20/04/10)

新型コロナウイルスの感染者が世界最多のアメリカでは、先週の失業保険の申請数が約660万件となりました。2週続けて600万件を超え、過去最悪の水準が続いています。

 アメリカ労働省は、4日までの1週間で新規の失業保険の申請数が660万6000件に上ったと発表しました。過去最多となった前の週と比べて約26万件減ったものの、依然として最悪の水準が続いています。アメリカでは、新型コロナウイルスの感染拡大によって多くの地域で飲食店や娯楽施設が休業に追い込まれていて、失業が大きな社会問題となっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp