確定申告 新型コロナ影響で期限過ぎても受け付け(20/04/06)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、国税庁は期限内に確定申告が難しい場合には期限が過ぎても申告を受け付けると発表しました。

 今年の確定申告の期限は所得税などは16日、個人事業者の消費税は31日までとされ、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、例年よりも1カ月延長されていました。しかし、感染拡大で外出自粛などの動きが広がっていることなどから、国税庁は6日、期限内に確定申告が難しい場合には17日以降でも期限を区切らずに申告を受け付けると発表しました。今年はスマートフォンなどからの申告が去年と比べて約1割増えていて、2日の時点での申告数は去年の約9割だということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp