1週間に約500件 保健所がたった10人で電話対応(20/04/06)

首都圏の保健所から悲鳴が上がっています。

 首都圏の保健所関係者:「電話はひっきりなしに鳴り続けておりまして、電話の対応で保健所が開いている時間はすべて取られるという状況。1週間に500件くらい」
 ANNの取材に応じたのは首都圏にある保健所です。この保健所では新型コロナウイルス関連に対応する職員は10人ほどで、PCR検査に関する業務や陽性者の接触者に関する追跡調査も行っているということです。このままでは追跡調査などに支障が出る恐れがあると訴えています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp