女子大生不明 チリ最高裁が容疑者の引き渡し決定(20/04/03)

日本人留学生・黒崎愛海さんが2016年からフランスで行方不明になっている事件で、チリの最高裁はチリ人の容疑者のフランスへの引き渡しを認める決定を下しました。

 黒崎さんはフランスのブザンソンに留学中、元交際相手のニコラス・セペダ容疑者と食事をした後、行方不明になりました。セペダ容疑者は直後にチリに帰国し、フランス当局が殺人容疑でチリ側に身柄の引き渡しを求めていました。チリ最高裁は2日、「フランスが出した請求は受理された」と身柄の引き渡しを認めました。新型コロナウイルスの影響で関係者が出廷できず、決定はチリ最高裁が関係者に通知するという異例の形で行われました。セペダ容疑者の弁護側は、今後5日間を期限に異議申し立てが可能です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp