広告で「武漢肺炎」・・・批判殺到でバーガーキング謝罪(20/03/30)

広告で「武漢肺炎」という表現を使ったハンバーガーチェーンが中国で批判を浴びました。

 台湾のバーガーキングは25日、「家でハンバーガーを食べて“武漢肺炎”を楽しく乗り切ろう」などと書かれた広告をSNSに投稿しました。この広告は中国本土でも拡散され、武漢肺炎という表現に不満が殺到しました。
 バーガーキングで毎日朝食を買う女性:「責任を追及しないなら今後、利用することはない」
 これを受けて、中国本土のバーガーキングが謝罪文を発表し、発端となった台湾での投稿も削除されました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp