国立がん研究センターで看護師感染 患者ら症状なし(20/03/28)

東京・中央区にある国立がん研究センター中央病院の看護師2人が新型コロナウイルスに感染したことが分かりました。

 国立がん研究センターによりますと、感染が確認されたのは中央病院の同じ病棟に勤務する看護師2人です。看護師2人は味覚と嗅覚に異常がみられたため経過観察となっていましたが、PCR検査をしたところ、27日に感染が確認されました。経過中、2人に発熱などの症状はなく、現在、自宅で療養しているということです。2人が勤務していた病棟に入院している患者や職員にも関連する症状はみられないということです。中央病院は2人が勤務していた病棟の職員を自宅待機として、順次、PCR検査をすることにしています。2人は外来エリアへの立ち入りはなかったことから、現時点では外来の診療は通常通り継続する予定だということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp