千葉県で初の死者 障害福祉施設で37人が発熱し検査(20/03/28)

千葉県で初めて新型コロナウイルスに感染した人が死亡しました。また、新たに障害福祉施設の職員が感染していることが分かり、発熱の症状がある職員と入所者37人がPCR検査を受けています。

 死亡したのは新型コロナウイルスに感染して県内の医療機関に入院していた1人で、県は遺族の意向を踏まえて年齢や性別を公表していません。また、香取郡内の障害福祉施設に勤務する40代の女性職員が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。この施設ではこの他に職員と入所者合わせて37人が発熱しているということで、県はPCR検査を実施して28日夜に結果を公表することにしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp