5億円超の銃器類スクラップ処分 米大手銃販売業者(19/10/09)

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

銃の規制強化を求める声が高まるアメリカで、大手銃販売業者が5億円を超える銃器類をスクラップにして処分したと発表しました。

 スポーツ用品大手「ディックス」はすでに自動小銃などの販売を中止していますが、アメリカメディアに対して500万ドル=5億3000万円を超える銃器類の在庫を処分したと発表しました。全米720店舗すべてで銃の販売を取りやめることも検討しているということです。アメリカでは大手スーパー「ウォルマート」が先月に弾薬類の販売を中止するなど、銃販売大手による規制強化が進んでいます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp