九州大雨 復旧作業続く 病院の孤立状態解消へ(19/08/30)

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

九州北部の大雨で冠水して孤立状態が続く佐賀県大町町の順天堂病院周辺では、排水や油の除去作業が続けられています。 順天堂病院は大雨による冠水で入院患者ら約180人が孤立状態となり、自衛隊が医療スタッフや物資の移送を行っています。排水作業などで周囲の水かさは徐々に下がっていて、30日朝は自衛隊の車両で看護師らが病院に向かいました。 病院スタッフ:「(患者は)全員、2階と3階に移されていて、普通通りに営業」 周辺では吸着シートを使い、近くの鉄工所から漏れた油の除去も続けられています。九州地方整備局は夕方をめどに孤立状態を解消したいとしています。九州北部の大雨はすでに峠を越えていて、午後から31日にかけては晴れる所が多い見込みです。ただ、土の中には大量の水分が含まれていて、しばらくは土砂災害に注意が必要です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp