米高官がGSOMIA破棄の撤回要求 日韓仲介は未知数(19/08/29)

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を決めた韓国政府に対し、アメリカ国防総省の高官は破棄を撤回するよう求めました。 米国防総省・シュライバー次官補:「我々は韓国政府に対してGSOMIAへの関与と協定の延長をするよう求める。日韓両政府は対話を通じて問題の解決に取り組むべきだ」 インド太平洋地域を担当する国防総省のシュライバー次官補は28日にワシントンで講演し、日本と韓国の間でGSOMIAがなくなれば韓国だけでなく、韓国に駐留するアメリカ軍のリスクにもなると指摘しました。そして、中国などを念頭に「日韓対立の唯一の勝者は我々の競争相手だ」と強調しました。また、シュライバー次官補はアメリカが日本と韓国の仲介に乗り出すかどうか明言を避けましたが、この問題について政府高官レベルの対話を続けていく考えを示しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp