川崎・雑居ビルで男性死亡 携帯紛失めぐり口論か(19/09/13)































川崎市で12日に頭から血を流して倒れている男性が見つかってその後に死亡した事件で、警察は飲食店従業員の男を殺人の疑いで逮捕しました。

 大塚飛隆容疑者(47)は午前10時ごろ、川崎区の雑居ビルの階段の踊り場で知人の又吉宗竜さん(36)を押し倒して頭を複数回、踏み付けるなどして殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、2人は前の日の夜から一緒に酒を飲んでいて、大塚容疑者の携帯電話がなくなったことを巡って口論になったとみられています。大塚容疑者は12日夜、ニュースを見て川崎警察署に出頭しました。警察の取り調べに対して「殺意はなかったです」と容疑を一部、否認しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp