千葉 台風で農林水産業の被害拡大 廃業する業者も(19/09/13)































台風による千葉県内の農林水産業の被害額が190億円を超えることが分かりました。被害はさらに拡大するとみられています。なかには廃業を決めた業者もいます。

 四街道市の養鶏場では台風で作業場などの施設が崩れました。施設を立て直す負担を考えた結果、廃業を決意しました。
 戸田養鶏場・戸田弘一郎さん:「40年、これ一筋でやってきたので残念は残念です。新たに設備投資してもうかる仕事じゃない」
 千葉県によりますと、養豚場などの畜舎では6億4000万円を超える被害が出ていて、農作物などを合わせると被害額は190億円を超えています。また、漁業では停電の影響による被害も拡大しています。鋸南町の養殖のいけすではポンプが止まったため、タイとシマアジが大量に死にました。被害の状況がまだ明らかになっていない地域もあり、さらに拡大するとみられています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp