東京五輪に向けて選手団長が新国立競技場を視察(19/08/21)































来年のオリンピックに向けて194の国と地域の選手団長らが東京に集まり、新国立競技場などを視察しました。 元競泳の金メダリストでオランダの選手団長のピーター・ファン・デン・ホーヘンバンドさんは新国立競技場を絶賛しました。水質が問題になっているトライアスロンなどの会場も視察して「あと1年で選手にとって素晴らしい環境が整うことを信じている」と話しました。会議では、一部の国から福島県産の食材に対して不安の声が出たということですが、大会組織委員会は安全性に問題はないと回答しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp