韓国「慰安婦の日」 日本大使館前では謝罪要求の声(19/08/14)































日韓関係が悪化するなか、14日に韓国では「慰安婦の日」を迎えて記念式典が開かれた。日本大使館前では慰安婦団体の集会が開かれ、日本政府に謝罪を要求する声であふれた。 韓国・ソウルの中心部にまた新たに慰安婦像が設置された。韓国の国営メディアによると、慰安婦像は韓国全土で124カ所にあり、ここ2年でその数は倍増。さらに増える見込みだという。悪化の一途をたどっている日韓関係。韓国では反日感情が高まりやすい時期を迎えている。 ソウルの日本大使館前では韓国市民らが慰安婦問題の解決を求めて毎週水曜日に開いている水曜集会が行われた。1992年から始まり、14日で1400回目の集会だという。折りしも14日は去年、文在寅(ムン・ジェイン)政権下で制定された記念日「慰安婦被害者をたたえる日」。14日の式典には文在寅大統領は出席しなかったものの、こんなメッセージを寄せた。 韓国・文在寅大統領のメッセージ:「日本軍慰安婦問題を平和と女性の人権に対するメッセージとして国際社会で共有して拡散していきます」 日本と韓国の合意で解決したはずの徴用工問題や慰安婦問題を蒸し返している韓国政府。日本が輸出管理で優遇措置を取っていた韓国を除外したことにも猛反発している。15日、韓国にとって日本の植民地支配からの解放を記念する光復節で文大統領が日本批判を強めるのか、演説内容が注目される。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp