W杯サッカー女子 4度目優勝の米代表がパレード(19/07/11)































サッカー女子ワールドカップで史上最多の4度目の優勝を果たしたアメリカ代表がニューヨークで凱旋パレードを行いました。 10日に行われたパレードには数万人の市民らが詰め掛けて勝利を祝いました。 主将・ラピノー選手:「私たちには白人女性、黒人女性、異性愛者、同性愛者、様々な人がいる」 主将のラピノー選手はLGBT(性的少数者)の権利擁護に否定的なトランプ大統領を批判して「ホワイトハウスには行きたくない」と抗議の声を上げています。また、女子代表は男子に比べて報酬が低く、性差別にあたるとして「平等に支払われるべき」だと訴えています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp