拳銃“強奪”男 容疑否認 「目的はいったい何?」(19/06/17)































大阪府吹田市の交番で警察官が刺されて拳銃が奪われた事件で、33歳の男が逮捕された。目的は一体、何だったのだろうか。男は容疑を否認しているということだ。 凶行に及んだ理由は一体、なんだったのか。白い袋のようなものを持ち、リュックを背負った男。この数時間前には日本中を震撼させる事件を起こしていたとみられる。フードをかぶって目を固く閉じているのは、17日朝に逮捕された飯森裕次郎容疑者だ。事件が起きたのは16日午前5時半すぎ。飯森容疑者は吹田市の千里山交番の前で古瀬鈴之佑巡査(26)の胸などを包丁で刺し、実弾5発が入った拳銃を奪った疑いが持たれている。複数カ所刺された古瀬巡査は意識不明の重体。警察は約5000人の捜査員を投入した。事件から約3時間後。飯森容疑者は吹田市内のスーパーにいたとみられる。その後、飯森容疑者はコンビニエンスストアなどで携帯電話の充電器などを購入。最終的には大阪府箕面市の山中へ向かったとみられる。 そして、17日朝に警察は箕面市の山中でベンチに横たわっていた飯森容疑者を発見。氏名を聞くと「飯森裕次郎」と答えた。警察に連行される飯森容疑者を目撃した人は。 目撃者:「足取りはしっかりしてましたよ。神妙にしてました」 拳銃は飯森容疑者が横たわっていたベンチの下に置かれたポリ袋の中に入っていて、5発のうち4発しか残っておらず、1発をどこかで発砲したとみられている。16日に事件発生から約30分後、現場から10分ほどの住宅街では破裂音が鳴り響いたという。飯森容疑者が拳銃を発砲した音だったのだろうか・・・。最大の謎は一体、なぜ飯森容疑者は警察官を刺して拳銃を奪ったのかということ。取り調べに対して「私のやったことではありません」と、飯森容疑者は容疑を否認しているという。警察は飯森容疑者の精神状態についても慎重に調べを進めている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp