介護士女性殺人事件 逮捕の男「恨みがあった」(19/06/16)































埼玉県東松山市で介護士の女性が腹などを刺されて殺害された事件で、警察は元同僚で41歳の男を殺人容疑で逮捕しました。男は「恨みがあった」と話しています。 佐々木靖幸容疑者は、11日夕方から13日の朝にかけて東松山市のアパートで渡辺真澄さん(38)の腹や胸などを刃物のようなもので刺し、殺害した疑いが持たれています。警察によりますと、佐々木容疑者は15日、親族に対して渡辺さんの殺害をほのめかす内容のメールを送っていました。親族から通報を受けた捜査員が東京・板橋区の商業施設で佐々木容疑者を発見し、逮捕に至りました。取り調べに対し「恨みがあった」と容疑を認めています。渡辺さんの体には十数カ所刺された痕が残っていて、警察は殺害の動機について詳しく調べています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp