旧優生保護法の“救済法案”被害弁護団が厳しく批判(19/03/15)































優生保護法のもと不妊手術を受けた障害者らへの救済法案について、被害弁護団は「被害に十分に向き合っていない」などと厳しく批判しました。 優生保護法のもと不妊手術を受けた障害者は、全国で約2万5000人に上るとみられています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/