徴用工問題で局長級会談 「対抗措置の検討」伝える(19/03/15)































いわゆる徴用工などの問題を巡って日韓外務省の局長級会談が開かれ、日本側は対抗措置の検討を含めた立場を改めて伝えました。 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は14日、ソウルで金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長と2時間にわたって話し合いました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/