東日本大震災から8年 被災地で“鎮魂キャンドル”(19/03/12)































東日本大震災から8年となった被災地では、夜まで鎮魂の思いを込めた明かりがともされました。 宮城県石巻市では、死者・行方不明者の数に合わせた約3600個の灯籠(とうろう)が赤やオレンジにともされました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/