東日本大震災前に比べ1.5倍 余震域で地震活動活発(19/03/12)































政府の地震調査委員会は、東日本大震災の余震域の地震活動は活発で引き続き注意が必要だという見解を発表しました。 地震調査委員会によりますと、マグニチュード4以上の地震の発生は東日本大震災発生直後の1年間に比べて、この1年間は約25分の1以下に減っています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/