【報ステ】iPS細胞で脊髄損傷の治療 臨床研究へ(19/02/18)































厚生労働省の専門部会は18日、iPS細胞で脊髄損傷の患者を治療する世界初の臨床研究の計画を了承した。脊髄損傷になると、脳からの命令を神経に伝えることができなくなり、手足や体がまひして動かせなくなったりするが、これまで有効な治療法はなかった。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/