月命日で供養 亡き肉親偲ぶも「未だ整理つかず」(19/02/11)































東日本大震災から来月で8年が経ちます。 福島県いわき市薄磯地区の寺では毎月11日に犠牲者を供養しています。11日も地元の住民らが慰霊碑に向かって手を合わせました。 遺族:「母親と妻が亡くなっているので、いまだにその思いが強い。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/