旧大槌町役場の解体進む 月命日に手を合わせる姿も(19/02/11)































東日本大震災から来月で8年が経ちます。 震災で当時の町長ら28人が犠牲になった岩手県大槌町の旧役場庁舎は、建物の解体が始まってから初めての月命日です。11日朝から献花台で手を合わせる人の姿がありました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/