外国人労働者向け相談窓口 約100カ所に設置方針(18/12/16)































改正出入国管理法の成立を受け、菅官房長官は外国人労働者向けの生活相談窓口を全国で約100カ所設置する方針を表明しました。 菅官房長官:「全国100カ所ぐらいに通訳あるいは翻訳システムというものを拡大をさせようと」 また、菅長官は「労働者が国を選ぶ時代になった。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/