マクロン大統領“譲歩策” 6割近く「評価しない」(18/12/12)































フランスのマクロン大統領が政権批判デモの激化を受けて最低賃金の引き上げなどを発表したことに対し、6割近くの人が「評価しない」とする世論調査の結果が発表されました。 マクロン大統領は10日、抗議活動を沈静化させるために最低賃金の引き上げや残業代への非課税などを表明しました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/