JALの飲酒副操縦士に英裁判所 禁錮10カ月の判決(18/11/30)































日本航空の副操縦士がイギリスで乗務前に大量の酒を飲んで拘束された事件で、現地の裁判所は禁錮10カ月の実刑判決を言い渡しました。 地元警察が公開した実川克敏被告(42)が拘束された時の様子です。パイロットの制服を着たまま取り調べを受けています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/