エボラウイルス輸入検討し検査体制強化へ 厚労省(18/11/16)































厚生労働省はエボラ出血熱などの原因ウイルスを海外から輸入し、検査体制を強化する考えを明らかしました。 海外からの入国者が年々増えていることを受けて厚労省は、エボラ出血熱など最も危険性が高いとされる5種類の「一類感染症」が国内で発生した場合に迅速に対応する必要があるとしています。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/